<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.03.11 Friday  | - | - | 

THE 有頂天ホテル

[ 本棚 ]
あんた、有頂天になりすぎやで。

THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション
THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション

三谷幸喜のことである。
これだけ有名な役者をそろえて、
あんた有頂天になりすぎやで。
て、有頂天ホテルってそういう意味かいな!
と思ったらこんな本までだしていた。
自分でも自覚しているらしい。

三谷幸喜のありふれた生活〈5〉有頂天時代

まあ先生にはお世話になっているので
えらそうなことは言えないのだけど。

以前、恩田陸のドミノ
ドミノ
が好きだと書いたが、
この手の多くの登場人物がそれぞれのテーマを抱えつつ交錯する、
というタイプの物語が非常に好きだ。
twenty fourもそうだし、昔には「街」というゲームもあった。

ワンパターンにならないように、
個性豊かないろんなキャラを立て、
サスペンスや謎解きや人情モノとかいろんなストーリーを
かつお互いが少しづつからめて影響を与えて、
最後にどかーんといかないといけないので、
書く方としては大変アタマもヒキダシも沢山使うと思うのだが。

この映画の場合、舞台慣れした芸達者ばかりなので、
「こんな感じで、あと自分たちでやって」
といったらこれくらいのモノができるのではないか、と思うのである。
楽で楽しかっただろうな、三谷幸喜よ。

一度はこういうモノを書いてみたい。
分不相応とはわかっておりますが、
恥ずかしながらそのようにうっとりしてしまいました。

評価:
有頂天にうっとり:1300円。
個人的には佐藤浩市演ずるだめ政治家が好き:300円。
でもまあDVDでいいよね:-400円。
合計:1200円
2006.09.20 Wednesday 12:27 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 鳥人計画 | main | まほろ駅前多田便利軒 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2011.03.11 Friday 12:27 | - | - | 









THE ?ĺŷ??
人気脚本家の三谷幸喜が監督をも手掛けたコトで話題になっていた『THE 有頂天ホテル』は、奇跡のドラマが描かれたエンターテイメント作品でありマス。そして、なんと日本映画を代表する役所広司をはじめ、松たか子、佐藤浩市、伊藤四郎など23人の豪華キャストが、迷路の
| 仁太郎通信編集部Vol.2 | 2006/09/20 4:00 PM |