<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.03.11 Friday  | - | - | 

由布院に行ってきた その1

ふと思い立って1泊2日で由布院にいってきました。
湯布院と書いたりもするそうですが、由布院が正しいようだ。
とにかく温泉につかって、ひたすら食う、という自堕落な旅でしたが
それもよかろうということで。

朝6時に横浜をでて、うとうとしながら大分空港に着いたのは10時前。
便にあわせて、空港の前に由布院ゆきのバスがまっていて便利。
由布院の駅前まで約1時間。

とにかく温泉だ!ということで、お気に入りの@nifty温泉おすすめの、庄屋の館へ。
険しい坂をぐいぐいタクシーでのぼり、800円。
山間の小さな宿に辿りついた。
人気で大変だと聞いていたのに、周りにほかのお客様はおらず、
ひょっとして定休日かと焦ったが、どうも我々が早すぎたようで。

おかげで、最初は↓の温泉がほぼ貸切でした。らっきよつばのクローバー



写真ではわかりにくいが、カルシウム分が多いらしく、お湯がコバルトブルー。
さんさんと降り注ぐ日光が気持ちいい。
珍しさもあり、お湯自体もいい。日帰り入浴はおひとりさま700円。
あがったところには足湯もあって、長い奥様方の入浴を待つ間も飽きません。
おススメです。

その後は、山のふもとにある金鱗湖まで。



紅葉にはまだ早いが、そのぶんあたたかで
のんびり散歩が楽しめるのもぜいたく。

小さい池ではないか、と突っ込むこともできるが
なんとなく心安らいでしまうのは、ブランド戦略のせいか。

このあたりはさすがに観光客が多く、通り沿いには食べ物屋さんや、
アクセサリー屋さんが軒をつらねる。
行ったことはないけど、軽井沢とよく似た感じらしいね。
店を冷やかして買い食いしていると、とりあえず飽きない。
小さな子連れの家族も多く、旅行にいいんだろうなあ。

お宿の様子や、そのほかの温泉の話はまた今度。
2007.10.14 Sunday 14:30 | comments(2) | - | 
<< しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫) | main | 中国日記 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2011.03.11 Friday 14:30 | - | - | 
ワタル (2007/10/14 7:15 PM)
こちらは癒しとは無縁の地域ゆえ
全力でうらやましく思います
どこに行っても喧嘩口調でしゃべる人ばっかり…
ゆうき (2007/10/22 10:10 PM)
それもまたよかろう。今のうち楽しんでおきなよ。