<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.03.11 Friday  | - | - | 

妻が実家に帰ってしまった。

JUGEMテーマ:日記・一般


喧嘩したあげく、というわけではなく。
お産のために帰ってしまったのだ。
今日から少しの間はあこがれの独身生活。
呑んで午前様でも怒られない、
好きな時に好きなことができる幸せな生活、
のはずだったのだが。

誰もいない家がこんなに寂しいものだなんて。

嫁さんが実家に帰っている間に引っ越す予定なので
もう嫁さんがこの家に帰ってくることはない。
ので、嫁さんしか使わないような化粧道具や服なんかは
実家に持って帰っているか、片付けられている。

昨日までそこにあったものがないのが、なんだかさみしい。

ついでに、
明日から僕がひとりで困らないようにと、
台所はきれいに片づけられ、
どこもかしこもきれいに磨かれている。
ずぼらな僕でも大丈夫なように
必要な順に並べてあったり
あれやこれや準備されているのだ。

僕がいない間に、気を遣ってくれてたんやなあ
まるで、私がおらんでも大丈夫やで、というてるみたいや

と思ったら堰をきったように涙が止まらなかった。
半分はラストプレゼントという映画
http://cinemakorea.org/lastpresent/film.html
を思い出したからだけど。
残り半分はこの家に来たばかりのころは喧嘩ばかりしたものだけど
今ではなくてはならない支えなんだなあ、と実感したから。

晩御飯をつくらねばならぬ、と
米を研ぎながら、30過ぎの男が涙をぽろぽろ。
産まれてくる子に、父ちゃんなさけない、と言われんように
がんばらねばのう。

というわけで母ちゃんが強いと、その分父ちゃんは涙もろいというハナシ。
2007.12.09 Sunday 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 中国日記 | main | 試験の季節ですね >>

スポンサーサイト

[ - ]
2011.03.11 Friday 17:23 | - | - |