<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.03.11 Friday  | - | - | 

おいしいアップルパイが食べたくなる本

[ 本棚 ]
JUGEMテーマ:読書


とにかく、おいしいパイが食べたくなる本。

---

30になった大の男がこんな本に浮かれているのはどうかとも思うが
忙しい年度末と言えば現実逃避できる本に限る。

山崎ぶたぶた、というピンク色のぶたのぬいぐるみが
(と書くとかわいいようなのだが、中身はおっさん)
歩き回り、人生相談にのり、パイを焼き
悩む人たちを再生するまでの物語である。

いつもながらあったかく癒される連作短編。
夢にまでみた、というアップルパイがキーを握る。
はたして実際に作ることができるのかどうかは
パティシエでない僕に知る由はないのだが
食べてみたいものだのぅ。

ぶたぶたの本は新作が出るたびに買ってしまう。
勤めだした年に買い始めたからもう6年以上の付き合いか。
子供だましの小説だ、と馬鹿にせずにぜひご一読を。
結構癒されてしまうから。
2008.01.22 Tuesday 23:55 | comments(0) | - | 
<< 世の中の半分は優しさでできてる | main | ういろうは名古屋の名物にあらず >>

スポンサーサイト

[ - ]
2011.03.11 Friday 23:55 | - | - |