<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.03.11 Friday  | - | - | 

寄席に行ってきた!

今日から3日間は先週末のイベントについて。
出不精な我々にしては結構いろいろと歩き回ったので。

土曜日夕方から横浜にぎわい座
桂文枝一門の上方落語の会を聞いてきました。
横浜にいるのに上方落語。ま、それが贅沢ってもんですか。

にぎわい座はもう2度目。
今回は迷わず、お菓子、ビールを持ち込み、
酔っ払いのおっさんたちに負けまいとぐびぐびやります。
寄席ではだいたいの人がお弁当とお酒を持ち込んでますナ。
なんともおおらかな芸術鑑賞ですこと。

演者は

桂あかし
桂あやめ
桂しめた
桂小枝
桂ぶんきょう
桂文珍

の6名、計3時間、途中休憩10分、3500円。
という豪華な内容の割にリーズナブルなお値段。

三枝が兄弟子だから、というわけでもないのだろうけど、
ひょっとすると文枝がそうなのかもしれないけど
創作落語が楽しい寄席でした。

落語だからネタバレもないのだけど、
お腹を抱えて笑うあの感覚を上手く文字にする
自信がなくて。

一番心に残ったのは、あやめ姐さんの
「創作落語はどうやってつくるんですか?とよく聞かれますが
まあ、一番嫌いな人を主人公にするんですな。
自分の好きな人のことは、案外よう見てません。
ええ人やなあ、てなもんです。
それが、一番嫌いな人というのは、それこそ、箸の上げ下ろしから何から
あそこが嫌い、ここが嫌いと、すらすら出てくるわけです。」


なるほどー!確かに。
会社の愚痴は3時間続いても、いいとこ誉めるのは3分で終わるものね!
あやめ姐さんの一番嫌いなひと、というのは化粧品売り場のお姉さんでした、ちなみに。

あとどうしても、は文珍の落語は最初聞き始めたときは
どうかなー、もう歳とちゃうんかいなあ、と思いましたけど
やっぱりうまい。
穏やかでありながら毒もあり。
歳を重ねることは武器だなあ、と思ったわけです。

にぎわい座はきれいで、料金も安く、立地もいい
(桜木町徒歩5分。周りに飲食店など多し)
これからも(払ってる税金分)利用しますので、よろしゅうたのんまっせ!
2006.02.08 Wednesday 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< フライトプラン -第3夜 | main | スノーボードクロス! >>

スポンサーサイト

[ - ]
2011.03.11 Friday 12:00 | - | - | 
じゅにを (2006/02/09 1:33 AM)
へー楽しそう。
タイガーアンドドラゴン見て以来、一回
行ってみたかった。そんなに遠くないしいってみよかな。
ちなみに前回のナナシは私どす。
ゆうき (2006/02/09 12:09 PM)
楽しかったよ!
ほどほど狭いので、客席との距離がとっても近いのがいいよ。
(でもブームと言う割に若い人はほとんどいなかった)
次は春風亭小朝を見たいかな!と。

あら、こんなところに会社犬。
くさらず、くじけずがんばろナ。